以前住んでいたマンションを売却した時に税金の手続きをしました

税理士を紹介され、手続きを済ます

不動産売却ケーススタディ | 大阪市の中古マンション売却・無料査定

しかし不動産屋によると手続きをする必要があるといわれたので、そういう事について色々話し合うことになりました。
税金の手続きはサラリーマンなので今まで殆どやったことがなく、実はどういうものなのかよく分かっていませんでした。
そのため不動産屋の説明も分かりづらいところがあったのですが、手続きをしなければいけないということは理解できました。
それで自分で手続きをするのは難しい感じだったので、不動産屋が紹介してくれた税理士に仕事を頼むことにしました。
税理士の人は女性で不動産屋の人と仲がよいらしく、以前から付き合いのある業者だと説明を受けました。
その人にいろいろな手続きのことについて話を聞いたり、手続きをする意味やメリットについて質問をしました。
そのようなことで話していると手続きをすると税金が返ってくることがあると聞いて、そういうこともあるのかと感心をしました。
具体的な手続きについては基本的に税理士に任せていたので、どういう形で行うのかは大雑把にしか確認はしませんでした。
ただ特に問題がない形になっていたので、その税理士の作った書類を税務署に提出しました。
書類は郵送で送ったのですが特に問題なく受理されて、マンションを売った時の問題については対応ができました。
税金についてはある程度は手続きをした影響で返ってきましたが、それほど大きなお金をもらえるほどではありませんでした。
ただこのような手続きについて色々学べた点は良かったので、税理士に相談をしたことは成功だと考えています。
マンションを売ってからは今のところ不動産を売る機会はありませんけど、そういう時は今回の経験を活かしたいです。

会社の移転に伴い、マンションを売却することに売れたものの、税金については考えていなかった税理士を紹介され、手続きを済ます